ラブリーかデストロイ
モーレツに日々のあれやこれやに追われつつ、
静かに大人計画を追いかけています。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ポチっとな
SPONSOR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

大奥に阿部さんが!

コミックナタリーで知って、驚愕!!!

実写「大奥」堀北・玉木・サダヲら豪華絢爛キャスト発表

よしながさんの「大奥」が映画化って聞いた時は、ほぇーっと小さな驚きでしたが、阿部さんが出演となるとかなりの驚きです。江戸時代に近い体型を活かして頑張るそうなので応援したいです。江戸時代に近い体型って…。




JUGEMテーマ:映画
 
よしなが ふみ
白泉社
¥ 600
(2005-09-29)

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『パコと魔法の絵本』

原作 後藤ひろひと
監督 中島哲也
出演 役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木 聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、
    加瀬 亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村 隼、上川隆也

公開翌日に観てきましたが感想書くのすっかり忘れてました。
子供向けってわけではないと思うのだけども、親子連れが多かったのが意外でした。とかいいつつ私もしっかり子供2人連れて行ってるんですけどね。映画はもう文句なく面白かったです。パコちゃんは天使のように可愛いし、阿部さんに笑わされ、役所さんに泣かされ。何よりも舞台と違って、正しく大貫とパコの物語になっていたので安心しました。(←何様?)そして、ピカピカと煌びやかな映像やくるくると目まぐるしい展開に最初は圧倒されていた子供達が、お話が進むにつれ目をキラキラさせて引き込まれていく様子を間近に見ることができ、ほんとに素敵な2時間でした。素敵すぎてついうっかりこんなものまで買ってしまいました。お値段は全く可愛くありませんが、中は悶絶モノの可愛さです。

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『重力ピエロ』キャスト発表!

春が2階から落ちてきた。まさにそんな日に映画のキャストが発表されました。

泉水・・・加瀬亮
春 ・・・岡田将生
父 ・・・小日向文世
母 ・・・鈴木京香
加瀬亮が「重力ピエロ」で主演

うわあ!なにこの絶妙なキャスティング(特に父!)。そしてなによりも吉高由里子が出るということに小躍り!やっぱり夏子さん役ですよね。ね!そうであってほしい。渡部篤郎も出るそうですが、こちらは黒澤役?いやあ俄然観る気になってきました。映画化の話を聞いたときキャストが誰でも納得できねぇ!とか言ってたのは誰?→この人!

重力ピエロ
重力ピエロ
伊坂 幸太郎
重力ピエロ (新潮文庫)
重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎



JUGEMテーマ:映画


映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

先日、TSUTAYAの半額キャンペーンで借りたCDのうちの1枚に、ちょびっと傷がついてまして、といっても1曲目だけプチプチと2、3ヶ所音がとぶくらいで、まあ普通に聴く分には特に問題は無かったのだけども、私がつけた傷だと思われても心外なので、返却するときにおずおずと、あくまでおずおずとお店の人に傷がついてたことを報告しました。そしたら、その人が今にも土下座しそうなくらいの勢いで「ひぃーっ!大変申し訳ありませんでしたー!!!こちらの確認ミスです!ほんとにほんとにすみませんでしたー!もうしませんからぶたないでー!」と最後のは嘘ですがとにかくそれくらいの怯えっぷりだったのだけど、あの店員さんに一体どんなトラウマがあるのかもの凄く気になります。そしてお詫びにレンタル無料券をくれたので、これ借りました。って前置き長すぎ。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

小説や舞台版の救いようのないラストが好きだったので、姉と妹の関係が優しく描かれすぎていたこっちはちょっと生ぬるくて物足りなかったです。サトエリがはまり役だったというのは褒め言葉になるのかどうか…。でもあの尋常ではない脚のきれいさにはまいりました。それだけで十分です。勝手に心配していた待子さん役の永作さんは予想以上に素晴らしかったけど、舞台版でうっとうしくて、鈍くて、不気味で、かわいくて、おかしみとかなしみを兼ね備えた待子さんを演じた吉本菜穂子さんの素晴らしさったらなかったので、そちらもまた物足りなく感じました。えらそうに足りない足りない言ってますが、面白かったです。

JUGEMテーマ:映画


映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『それでもボクはやってない』

先日、テレビで放映されていたのを観ました。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション
それでもボクはやってない スタンダード・エディション

小日向さんの小憎たらしさもさることながら、正名さんがもの凄く印象的だったのに、世間的にはあまり評価されてないのはどういうこと!と思っていたら、しっかり助演男優賞もらってたようで。しかも東京スポーツ映画大賞!たけしさんがベタボメだったらしく、然るべき人がちゃんと見てくれているというのがなんとも心強いな、などと生意気にも思ったりしました。

JUGEMテーマ:映画


映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2007年に観た映画

映画館で観たもの
・東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
・舞妓Haaaan!!!
・アヒルと鴨のコインロッカー
・クワイエットルームにようこそ
・レミーのおいしいレストラン

家で観たもの
・木更津キャッツアイワールドシリーズ
・鉄コン筋クリート
・ジョゼと虎と魚たち
・嫌われ松子の一生
・ユメ十夜
・フラガール
・初恋
・かもめ食堂
・ハチミツとクローバー

観たい映画はこれの倍以上あったけど、映画館は遠いしお小遣いは少ないし、うーん、今の私にはこれが限界。というわけで、WOWOWとスカパーにかなりお世話になりました。

JUGEMテーマ:映画


映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『クワイエットルームにようこそ』

脚本・監督 松尾スズキ
出演 内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ他


もの凄く良かったですよこれ。原作は何度読み返しても同じところでうぐっと胸が詰まりたまらない気持ちになるんですが映画でもやっぱり同じところでうぐぐっとなりました。「おーいおーい」ミキが明日香に呼びかけるあのシーンが私は大好きで、映画化されると聞いたときどんな感じになるのか気になってましたが、蒼井優ちゃんが素晴らしくてもう完璧でした。鉄ちゃんがほんっとに良かったとか大竹さんが凄すぎて見終わってからかなり本気で旦那がイラついてたとか内田有紀ちゃんが予想を遥かに越えてたとか紙ちゃんが白可愛いとかいろいろありますが、なんと言っても松尾さんの優しさが沁みる作品でした。絶望と再生を繰り返しジタバタしながらそれでも生きていかなければと思いました。

そして帰ってきてからもの凄い勢いで読み終えました。
クワイエットルームにようこそ シナリオ&アーツBOOK
クワイエットルームにようこそ シナリオ&アーツBOOK
松尾スズキ

それでも足りなくて原作も読み返しました。
クワイエットルームにようこそ
クワイエットルームにようこそ
松尾 スズキ

まだまだ足りなくてこの前スカパーで放送したメイキングも観ました。確実にもう一回は観に行くだろうな。そんでシナリオ本読んで原作読んでメイキング観て…エンドレーーーッス!!!

それにしても松尾さんも宮藤さんも三重ネタ好きですよね。10年くらい前の三重県文化会館での公演でかなりツライ思いでもされたんでしょうか?





映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『アヒルと鴨のコインロッカー』

ようやく観ることができました。四日市の小さな小さな映画館で。

原作 伊坂幸太郎
監督 中村義洋
出演 濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々他

椎名役に濱田岳って正直どうなのよ!と思っておりましたが、ごめんなさい。私が間違ってました。あんた最高だよ!そして、例のしかけも何の問題もなくクリアしていて素晴らしかったのですが、残念なことに松田龍平が出演していることを事前に知っていたのでなんとなく予想できてしまい、隣で観ていた原作未読かつ事前情報全く無しの妹の素直な驚きと感動っぷりがもの凄く羨ましかったです。だけど原作を先に読むと映画で驚けないし、映画を先に観ると原作のあのカタルシスが味わえないというジレンマ!もの凄くジレンマ!ブルマージレンマ!!!(あ、昨日久しぶりに『GROOPER』観たものでついつい)まあ、そんな事言いつつも瑛太のあれがあーなってこれがこーなってからの「ディラン…」のセリフにはせつなすぎて泣かされました。
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『ユメ十夜』

ユメ十夜
ユメ十夜

やっぱり松尾ちゃんの演出する阿部サダヲが私は好きなんだなと、阿部さんのいい所をぐいっと引き出せるのは松尾ちゃんなんだなと再認識いたしました。そして、以前松尾さんがどうしても死守したいと言っていただけのことはあるなと納得いたしました。第六夜以外では、松山ケンイチの第十夜が好きでした。それにしても、人の見た夢の話を聞かされることほど苦痛なものは無い!と常日頃から思っている私ですが、大作家先生の夢といえども苦手なことに変わりはなく、ただでさえ脳みそが溶けてしましそうな熱帯夜に見たため全作品見終わった頃にはぐったりでした。そんな中、キョンキョンのエロさ、市川美日子のきりっとしたかっこよさ、緒川たまきの凛とした美しさにただただうっとりしたり、第一夜でいつものいわゆる松尾さんっぽさが排除された俳優松尾スズキに素敵とつぶやいてみたりしていました。
映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

お預けっ!!

『アヒルと鴨のコインロッカー』映画化についてはちょっとばかし不安を抱えていたのですが何だかあちらこちらですこぶる評判が良いので見に行くことにしましたよ、ええ。というわけでふんふんふーんと鼻歌交じりで早速公式HPに飛んでいって三重県の劇場情報をチェックしたのですがちょっとー!!!ご機嫌な鼻歌がフゴッとブタ鼻になっちゃったじゃないですかー!上映予定は9月ですって!9月って、今7月ですよ?しかも同時期に上映予定の『松ヶ根乱射事件』(これ伊坂さんが激しくお薦めしてたので見るつもり)なんて8月にはもうDVD出るんですけど。どんだけ世間に取り残されてるんですかね三重県は。とりあえずはこれ聞いて9月まで気長に待ちますかー。
ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン
ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン
ボブ・ディラン

映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
1 / 2 >>