ラブリーかデストロイ
モーレツに日々のあれやこれやに追われつつ、
静かに大人計画を追いかけています。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ポチっとな
SPONSOR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

『トーチソング・エコロジー(2)』読了

源ちゃんの本と一緒に買いました。

「死んだ人の不思議より
生きてる人のほうがずっとこわいよね」

この台詞に激しく頷きました。



JUGEMテーマ:漫画/アニメ




| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『残り全部バケーション』読了

新年あけましておめでとうございます!!!!!!

というのは、何日まで有効な挨拶なのでしょうか?
アイサツはハイセツよりタイセツと昔の人も言ってます。
いや、そんな事宮藤さんしか言ってません。
ギリギリセーフと信じて元気よく挨拶してみました。


それにしても、マメに更新!とか言いながらこのタイミングです。
今年も変わらず口だけ番長でいくつもりですので、
どうか暖かい目で見待って下さい。


さて、2013年の読み初めはやはり伊坂さんでしょうという事で、
旦那の実家滞在中、家事をしなくていいのをいい事に一気に読み終えました。
そして読み終えた瞬間「大好きだーーー!!!」と
叫び出したい気持ちを、お義母さんの手前抑えるのが大変でした。

溝口の人間臭さがたまらなく好きです。

飛んでも8分、歩けば10分、だとしても飛べるなら飛ぶべきだ!!!





 JUGEMテーマ:読書
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

衝動買い

先日、CDレンタルした後に、本屋コーナーをウロウロしていたところ、
源ちゃんが表紙!!!しかも、チャットモンチーとの対談もある!!!
といことで、爽やかすぎる笑顔に若干ひるみながらも、立ち読んできました。
片手に、レンタルしたばかりの源ちゃんとチャットモンチーのCDを抱えながら。



自分の好きなものと、好きなものが繋がっているのが分かった瞬間、
間違ってなかったな。という満足感がじわじわと湧いくるのだけども、
この対談もまさにそうで、心の中でガッツポーズですよ。

それはともかく、この源ちゃん特集、素晴らしすぎる内容だったので、
立ち読みだけでは我慢できずに、レジに直行しました。

THE衝動買い!!!





JUGEMテーマ:音楽
 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『オー!ファーザー』読了

だから!父と息子のお話しに弱いんだってば!!!
と、ひとりジタバタしながら読み終えましたが何か?

父親が4人に息子が1人。
それぞれにアクの強い父親達が、それぞれのやり方で真っすぐに息子を愛していて、
その絶対的な愛情には血の繋がりとかは関係なくて、
でも、息子である高校生の由紀夫にとってそれは、嬉しくもあり煩わしくもある。
物語後半で、由紀夫が父親達からの愛情に素直に向き合うほど、
時々思い浮かべる近い将来の父との光景が、より寂しく現実的なものに思えて、
スカッとする物語の本筋とは別に、物凄く心に残りました。

それにしても、、やはり伊坂さんの描く女性像は独特で、
最後は全部持って行かれた感じでした。

JUGEMテーマ:読書
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『あの子の考えることは変』読了

本谷さんにしては珍しく、女同士の友情物語だったので、ビックリしましたが新鮮でした。
や、あれを友情物語とは言わないか、普通。

痛い女性を描かせたら右に出るものがいないであろう本谷さんなので、
主人公2人の痛々しさは相変わらずで、内容も、
ダイオキシン、ゴミ処理場の煙突、体臭、ゲシュタポ、ホームレス、セフレ、
と、爽やかな要素が1ミリも入っていないキーワードばかり出てきますが、
不思議と読み終わった後は爽快感が残り、これもまた意外でした。

そして、やっぱり言葉選びのセンスが好みで、読んでいて心地よかったです。


グルーヴ先輩に敬礼!!!



JUGEMテーマ:読書
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『冷たい校舎の時は止まる』読了

以前読んだ『凍りのくじら』と『ぼくのメジャースプーン』がよかったので、
3巻まとめて借りてきましたが、いきなり作者と同じ名前の主人公が出てきて
なんだかもやもやとした気分になりました。
それと、セリフがいちいち気になって、
うーん、くじらとスプーンはそんな事気にならなかったのにと思ったら、
なるほど、これが辻村さんのデビュー作だったんですね。
セリフのぎこちなさは、初々しさということか。

と、偉そうに文句ばっかり言ってますが、
思春期特有のこの息苦しさというか閉塞感は嫌いではないし、
やはりあのしかけにはうーむと唸ってしまいました。



       

         冷たい校舎の時は止まる 辻村深月




JUGEMテーマ:読書
| permalink | comments(2) | trackbacks(0)

『きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)』読了

hon・nin連載時に欠かさず読んでいたはずなのに、
なぜか最終章だけ読み忘れていたので、図書館で見つけてすかさず立ち読んできました。

詳しい感想は、また明日!
書き逃げ!!!
すべりこみセーフ!

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『海月姫 (3)』読了

総理の出番が無かったので、4巻に期待します。

というわけで、そこのチビッ子は今度来るときには4巻以降を持ってくるようにね。



JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『プリンセス・トヨトミ』読了


父と息子の関係に憧れるんですよ。
娘であり、母である私にとっては、どうしたって係る事の出来ないものだから。
そういう物語にやっぱり弱いのです。

私にとっては、鹿男ぶりの万城目さんですが、
今回も、あり得ない設定ながら引き込まれてしまいました。さすが!


JUGEMテーマ:読書
 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『バイバイ、ブラックバード』読了

ああ、伊坂さんが戻ってきた。
『SOSの猿』、『あるキング』を読んだ後だったので、
私にとってはそんな1冊でした。

1話ずつじっくりと読みたいのに止まらない。
登場人物全てが魅力的で、愛すべき変わり者達てんこ盛り。
恰好悪いけど、恰好いい。

ただ、おいしいパンになりたい少年のくだりは予想できてしまったので残念でした。
あ、残念なのはもちろん伊坂さんではなくて、私が。
まっさらな気持ちで読んで、うわぁ!!!ってなりたかったなと。

JUGEMテーマ:読書

 

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)
1 / 7 >>